松徳硝子株式会社

大正11年(1922年)、電球用硝子の生産工場として創業しました。創業以来、職人の手仕事にこだわり、ビールグラス、日本酒用グラス、ワイングラスなど、嗜好性の高い硝子食器を中心に製造しています。創業当時取り組んでいた薄く、均一に吹くという電球製造の技術を活かし、飲むという行為を、より美味しく、楽しくするグラス作りを目指しています。

※「うすはり」は、松徳硝子株式会社の登録商標です。